« 久々に10km! | トップページ | 他人事ではない »

2005年7月11日 (月)

さらば破壊王・橋本真也さん

 絶句しました・・・。これは何かの間違いだ、嘘であってほしい、何度もそう思いました。しかし、嘘ではありませんでした。
 プロレスラー・橋本真也さん、脳内出血で死去。享年40歳。
 確かに、肩の手術からのリハビリで試合からは遠ざかっていました。しかし、いずれは復帰してくれるものと、ずっと待っていました。リハビリが進んでいるものと思っていました。それだけに、信じられません。橋本さんの元気なイメージと、脳内出血という病名とがどうしても結びつきません。ブラウン管を通して見る橋本さんの姿は、昨年11月3日の蝶野選手レスラー生活20周年記念興行で蝶野選手に花束を渡すシーンが最後になってしまいました。
 橋本さん、あなたは40年間、まっすぐに生きてきました。何もそこまでまっすぐに生きなくても、時には要領よく立ち回ればいいのにと思うぐらい、まっすぐに生きてきました。それゆえに、知らず知らずのうちに、あなたの体にダメージとして蓄積されていってしまったのでしょうか?引退を賭けた小川戦、橋本さんは、男が一度口にした引退という言葉をかたくなに守ろうとしました。冬木さんとの闘いでは、男を見せてくれました。ZERO-ONE活動停止の時は、何もかも1人で背負いました。橋本さんのその姿に、経営者の孤独を見ました。何もかも背負い込んだことが、橋本さんの身も心もむしばんでしまったのでしょうか?今となっては、橋本さん本人にしかわかりません。
 今頃、橋本さんは、冬木さんや福田選手のところに行っているのでしょうか?これまでまっすぐに突き進んできた橋本さんですから、どうかゆっくり休んで下さい。最後まで、あなたは、プロレスラー、破壊王でした。橋本真也さんのご冥福をお祈りします。

|

« 久々に10km! | トップページ | 他人事ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107408/4931389

この記事へのトラックバック一覧です: さらば破壊王・橋本真也さん:

« 久々に10km! | トップページ | 他人事ではない »