« 2005年8月13日 | トップページ | 2005年8月15日 »

2005年8月14日 (日)

やっぱり、ラドクリフは強かった!

 世界陸上最終日の女子マラソン。最初から最後までずっと観ていました。ラドクリフ、強かったー!何か、全身の筋力を総動員させて走っているという感じですね。あの長い足でめいっぱい足を上げて走られたら、ちょっと太刀打ちできませんね。日本人選手5人もよく頑張りました。原選手の最後の頑張りはすごかった。トラックに入ってから危うく抜かれそうになったけれど、抜かれまいと最後のスパートをかけた、あの執念はすごかった。
 レポーターを務めた千葉選手、朝、興奮を押さえきれずに40km走ったとのこと。それをさわやかに言ってのけるのがすごい。40km走って、そして何事もなかったかのように明るくレポーターを務めあげるとは、とても真似できることではありません。
 今日観て思ったこと。やっぱり、マラソンはいいなあ。走ったランナーの数だけドラマがある。国籍の違いは関係ないですね。全力を尽くして42.195kmを走り抜く、その姿は美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年8月13日 | トップページ | 2005年8月15日 »