« 2006年3月24日 | トップページ | 2006年3月30日 »

2006年3月26日 (日)

朝青龍、意地の賜杯奪還!

 大相撲春場所千秋楽。朝青龍と白鵬が1敗で並ぶという展開。朝青龍は栃東と、白鵬は魁皇と対戦。まずは白鵬と魁皇の対決。魁皇は負けたら大関陥落。白鵬は大関昇進確実な上に、初優勝の可能性も残している。何とも非情なマッチメイク。ここは、魁皇が意地を見せました。引退危機から見事に立ち直った魁皇、よく頑張った!
 そして、結びの朝青龍と栃東の対決。目の前で白鵬が負け、朝青龍優勝ムードにもかかわらず、意外にもあっさり負けてしまった朝青龍。かくして、優勝決定戦と相成りました。
 一度は消えた初優勝の夢が再びよみがえった白鵬、白鵬には先場所、今場所続けて負けており、同じ相手には3連敗するわけにはいかない朝青龍。同じ相手に3連敗できないという意味では、まさに、WBCで韓国と対するときの王Japanと同じ状況です。そして、最後の最後で、朝青龍が横綱の意地を見せました。意地の下手投げで白鵬を倒し、見事に16度目の優勝!しかし、白鵬は着実に力をつけていることは確かで、来場所も面白くなりそう。今場所綱取りがかかっていた栃東は朝青龍を倒しての12勝で、綱取りは来場所につながりました。これも楽しみです。

 25日のRUN:20km
 26日のRUN:15km
 3月の走行距離累計:188.195km

| | コメント (0) | トラックバック (2)

3・25 2つの「引退試合」

 実は昨日3月25日は、2つの「引退記念試合」がありました。
 まず1つめは、日テレ「ズームイン・サタデー」矢島学アナの卒業です。プロレスノア中継の実況でおなじみの矢島アナは、大のプロレスファンであり、ノアLOVEいっぱいの人なのです。番組内で、小橋建太選手のW袈裟斬りチョップの技名を公募で「青春の一撃」と決めたこともありました。
 ズムサタのエンディング、矢島アナが最後のあいさつ。「私は本日をもって、ズムサタを卒業いたしますが、わがプロレスリング・ノアは、永久に不滅です!」特設リング上から四方に向かって礼をする矢島アナ。そこに、2人の大男が乱入!な、な、なんと、石川へ向かっているはずの三沢と小橋!矢島アナの卒業にわざわざかけつけた2人の愛情が伝わってきました。そして、小橋から矢島アナへ、青春の一撃!正直、ぼくも一度でいいから食らってみたいー!矢島アナは、三沢と小橋に抱えられるように、そのまま連れ去られてしまいました・・・。
 3人が向かった先は、もちろん、永源選手の引退記念試合が行われる石川です。そして、永源選手の試合の実況の席に、矢島アナがいました。いつもよりも多く飛んだ永源選手のツバ。大相撲では、土俵に近い席は、「砂かぶり」といわれていますが、ノアの試合会場では、特別リングサイドはすなわち「ツバかぶり」といっても過言ではありません。永源選手のツバは、リングサイドだけではなく、レフェリーにも飛びました。1発1発のツバに、心なしか、惜別の愛情がこもっているようにも思いました。40年間のはるかなるプロレス人生。永源選手、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼミ同窓会

 昨日、久々に大学時代のゼミ同窓会があり、楽しんできました。何年ぶりかなあ・・・。とりあえず、21世紀になってからは初めてになるのかなあ。すごく懐かしかった。
 ゼミの先生にまずはあいさつをして、同窓会の席で、同期、後輩たちとしばし懇談を深めることができました。資格を目指して受験にまっしぐらだった当時のことがよみがえってきて、学生時代に戻ったかのような感じがしました。資格取得めざして勉強するというカラーが濃い傾向のあるゼミの伝統(!?)は今も生きていました。目標に向かって突き進む姿は美しい。このゼミに在籍していて本当に良かった。
 1次会だけではとてももの足りず、当然のように(!?)2次会のカラオケへと繰り出しました。カラオケの締めは、先生の「サライ」を皆で大合唱。すごく盛り上がった2次会でした。あまりの熱気に、途中から室内のクーラーをつけたぐらいでした。
 名残惜しくはありましたが、終電がそろそろ気になる時間帯になったので、3次会には行かないで帰らせていただきました。次にゼミ同窓会があるときには、もっと成長して、成果狂い咲きで参加するぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月24日 | トップページ | 2006年3月30日 »