« 2006年6月21日 | トップページ | 2006年6月23日 »

2006年6月22日 (木)

原点の会

 今日は、2ヶ月に1度の、「原点の会」の日。

 職業柄、普段から、業務研修を受講する機会は数多い。
 有益な情報を仕入れてナンボの仕事をしているので、研修を受講するということは、この仕事を続けている限りは避けることができない。

 「原点の会」は、いわば、心の研修。理念研修ということができる。

 職業会計人として、人間としてどうあるべきか、心のあり方の研修です。

 2ヶ月に1度という、開催ペースが、ぼくにとってはちょうどよく、この2ヶ月間取り組んできたことをひとまず完了し、次の2ヶ月間につなげていくということが、「原点の会」を通じて自然とできている。

 「自利とは利他をいう」
 これは、現在上映中の「不撓不屈」の主人公・飯塚名誉会長の言葉である。

 自=一心(慈悲心)
 他=一心以外のすべて
 利=利益(りやく)=仏の教えに従って得られる幸福・恩恵

 一心以外のすべてに対し、真の幸福・恩恵をあたえることがすなわち自分の喜び。

 このことを題材として、3分でも5分でも15分でも1時間でも、しゃべれるようにならなくてはいけない、という和尚様のお言葉は、心に深く突き刺さりました。

 「自利とは利他をいう」頭では分かっているつもりであっても、そのことと、人前でわかりやすく説明するということとは、まったく別物だ。

 果たしてぼくは、周りの人たちに真の幸福・恩恵をあたえることができているだろうか?

 うーん、まだまだ修行が足らん。

 人の動きを観察し、幸福をあたえるにはどうしたらいいのか考え、実践する。
 これを続けていくしかない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月21日 | トップページ | 2006年6月23日 »