« 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月11日 »

2006年9月10日 (日)

階級を超えた、崇高なる完全制覇! おめでとう丸藤正道

 昨日行われた、プロレスリング・ノア武道館決戦。
 G+で昨日の深夜に放映されたため、タイマー録画をして、今日、じっくり観ました。

 メインは、GHCヘビー級選手権 王者・秋山準vs挑戦者・丸藤正道。

 ノアには、GHCという名のついたベルトが、5つあります。

 丸藤は、そのうちの4つのベルトを、これまで腰に巻いたことがあります。

 GHCジュニアヘビー級シングル、グローバル・ハードコア・クラウン無差別級(白GHC)、GHCジュニアヘビー級タッグ、GHCヘビー級タッグ。

 これらのうち、白GHCは、秋山から獲っています。

 そして、最後に残ったのが、GHCヘビー級シングル。

 これを獲れば、ノア史上初のGHC完全制覇となります。

 GHC・・・グローバル・オナード・クラウン

 「地球規模の崇高なる王位」を賭けた闘いは、階級を超えた闘いとなりました。

 スピードと一瞬のひらめきで果敢に攻める丸藤と、それをガッチリと受け止めて反撃する秋山。

 あっという間に、勝負タイムは20分を超えました。

 こんなに短く感じた20分は、初めてだ。

 体力に勝る秋山が、一気に勝負を決めにかかるが、ギリギリのところで返す丸藤。

 しかし、どう見ても、秋山が勝負を決めるのは時間の問題と思われたその時、何と丸藤が蘇生。

 一瞬の丸め込みで一気に大逆転!

 ついに、GHC完全制覇を達成しました!

 ジュニアへビーの体重のままで、階級を超え、そして世代を超えて、26歳にしてヘビー級シングル王座を手にした丸藤、おめでとう!感動した!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月11日 »