« 2006年10月4日 | トップページ | 2006年10月6日 »

2006年10月 5日 (木)

原点回帰・2

 (昨日からの続き)

 話は少々前後しますが、ぼくは、2003年12月、クリスマスの2日前、「ビジョンパフォーマンス展」というイベントに参加していました。

 そのおよそ1年ほど前に、異業種交流会で出会った自動車整備士さんと突然再会でき、その方にイベントのことを誘われたのがきっかけです。

 ビジョンを絵にしたライフデザインの展示会で、ビジョンを実現した方々の生の体験談を聴くこともでき、はたまた体験コーナーもあり、あっという間の3時間でした。体験談を語ってくださった方々の活き活きとした姿がとても印象に残っています。

 その時に、その続きの研修のことも教えていただいていたんですけど、土日を含めて4日間という時間を創り出すのは厳しいなあと、一度は忘却のかなたへと押しやってしまっていました。


 そして、時は流れて2004年2月。

 ビジョンパフォーマンス展の時に知ったBARでの飲み会に誘われ、楽しく飲んでました。

 宴もたけなわとなったころ、ぼくの中で一度は忘却のかなたに押しやってしまっていた研修の話題が、なぜか出てきました。

 日程を見ると、ちょうど、確定申告直後。

 「この時期なら、大丈夫かな?」

 ということで、4日間の研修参加を決めました。


 またまた時は流れて、3月確定申告直後。

 研修(ベーシックコース=ステップ1)初日。

 朝9時から夜9時までの、長丁場の研修。

 体験実習を通して、気づいたこと、発見したことを分かち合う・・・。

 そして、初日の結論。

 「人生とは、選択である」

 自分の人生を、自分で好きなようにデザインできるにもかかわらず、それを不当に制限する方向を選択してしまっていたということを発見。

 自分にとって、都合が良いことも、逆に、都合が悪いことも、最終的には、自分でそれを選んでいるのです。

 このことが、体験実習を通して、よく分かった。

 これまで、「自分自身を不当に制限すること」を選んでいたのなら、今度は逆に、「自分自身を不当に制限しない生き方」を選べばいい。

 初日からいきなり大きな気づき、発見でした。

 しかし、研修はこれに止まりませんでした。

 2日目以降、さらに大きく動いていきました。

 (つづく)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月4日 | トップページ | 2006年10月6日 »