« クレセント・アカデミー、発進! | トップページ | 久々の筋肉痛 »

2006年10月15日 (日)

風になれ

 「世界一性格の悪い男」鈴木みのる選手初めての単行本を読んだ。

 「風になれ」(東邦出版/1,470円)

 みのるさんに、「GK」こと金沢克彦氏が、ロングインタビューをおこなうという形式だ。

 みのるさんの生い立ちから、現在に至るまでの半生が、表現されている。

 みのるさんは、1988年に新日本プロレスでデビュー。

 翌年3月には、アントニオ猪木とシングルマッチを経験している。

 新人ながらも、猪木に臆することなく、鋭い眼光でにらみつけていた様子が印象に残っている。

 また、この時期、藤波辰巳と共に、「アッコにおまかせ」にも出演している。

 その後、前田日明率いる「新生UWF」、藤原喜明率いる「藤原組」を経て、

 1993年に、船木誠勝らとともにハイブリッド・レスリング「パンクラス」を設立。

 当時、キックボクシングで最強だったモーリス・スミスと、キックルールで試合をおこなった。

 「俺と、同じ夢見たいヤツ、一緒に掴もうぜ!」「俺はプロレスラーなんだ!」

 みのるさんの、心からの叫びは、今でもはっきりと覚えています。

 その後、一度は、「キング・オブ・パンクラシスト」となったものの、ケガにより長期欠場。

 2002年に獣神サンダー・ライガーと対戦したことを機に、新日本プロレス参戦。

 以後、新日本、三沢光晴率いるプロレスリング・ノア、武藤敬司率いる全日本プロレスなどを股にかけ、数々の死闘を展開。

 現在に至っています。

 今でこそ、みのるさんは、歯に衣着せぬ物言いなどから、「世界一性格の悪い男」として自由に暴れ回っていますが、

 その昔は、ケガで長期欠場した末、引退寸前まで追い込まれた時期もあったのです。

 みのるさんは、決して順風満帆でここまできたのではない、苦労人なのです。

 
 さて、「風になれ」、とても読みごたえがありました。

 読んでみての結論。

 みのるさんは、「性格の悪い男」ではない。

 みのるさんは、自分の気持ちを素直に表現している。

 だから、「世界一性格の悪い男」ではなく、「世界一素直に表現している男」と表現するのが正確だ。

 ただ、この世の中に、自分の気持ちを素直に表現し行動している人達が少ないから、

 自分の気持ちを素直に表現し行動しているみのるさんのことが、性格が悪く見えてしまうのかもしれない。


 プロレス会場では、いつも、中村あゆみのハスキーボイスと共に、頭をタオルでスッポリと包んで登場するみのるさん。

 眼光鋭く、リングに近づき、

 「か・ぜ・に~なれ~」の大合唱と共にリングインするみのるさん。

 リングアナウンサーからのコールとともに、タオルを取ると、芸術的なバリアートがあらわになる。

 「千の顔を持つ男」がミル・マスカラスなら、鈴木みのるは、「千のバリアートを持つ男」といえるかもしれない。

 試合では、相手をおちょくりながらも、しっかりとカール・ゴッチや藤原喜明直伝のレスリング・テクニックを魅せてくれるみのるさん。

 相手の技をあえて受けるのがプロレスの醍醐味だけど、時として相手の技をギリギリですかす、かわすのは、スピードに長けた、みのるさんならではの技術。

 そして、極めるときは、「秒殺」ハイブリッド・レスリングの本領発揮、一気に極める。

 これからも、そんなみのるさんから、目が離せない。

 本日のRUN:35km
 10月の走行距離累計:115km

----------------------------------
風になれ/鈴木みのる・入場テーマ曲

作詞:中村あゆみ・高橋研 作曲:中村あゆみ
編曲:和田春比古 Guitar:鎌田ジョージ
コーラス:和田惠子 エンジニア:石川純也


教えてよ人は何故 探し続けるの
限りなくせつない 明日の夢を

星だけが みつめてる 悲しい夜には
自分を確かめたくて 君にくちづけしたね
ずっと追いかけ続けた夢はいつ つかめるのか
誰にもそれは 分からないけれど

何ひとつ変えられない この想い譲れない
Oh,in the storm 嵐に向かって はばたく鳥のように
輝きの中で 風になれ


何マイル向こうに ゴールはあるのか?
闘うためそれだけに すべて 捧げてきたよ
だけど何かを感じて生きてたい いつの日にも
涙で 明日が曇らないように

答えなんて欲しくない この夢があればいい
Oh,in the storm 嵐に向かって 飛び立つ鳥のように
輝きの中を 駆けてゆけ

I have to be a lonely warrior,wow wow
I have to be a lonely warrior,tonight


何ひとつ変えられない この想い譲れない
Oh,in the storm 嵐に向かって はばたく鳥のように
輝きの中で 風になれ

(I have to be a lonely warrior)
幾つもの時を超え wow wow
(I have to be a lonely warrior)
熱い想いを抱いて tonight
(I have to be a lonely warrior)
幾つもの時を超え wow wow
(I have to be a lonely warrior)
熱い想いを抱いて tonight

|

« クレセント・アカデミー、発進! | トップページ | 久々の筋肉痛 »

コメント

オッス!!コメント有り難う~(笑)
今回は全てに苦しい試合でしたが、無事に己に勝てて今はホットしてます。
いよいよ福知山ですね。これからまだまだ自分自身との戦いやけど、
悔いの無いトレをして篠山のリベンジをして下さい。

投稿: take | 2006年10月16日 (月) 17時33分

 takeさん、四万十100km完走、お疲れさまでした。
 takeさんのことですから、きっと完走できると信じていましたが、ものすごい精神力ですね。とても感動しました。
 ぼくも来月頑張って篠山のリベンジを果たします。

投稿: MINORU | 2006年10月16日 (月) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107408/12299348

この記事へのトラックバック一覧です: 風になれ:

» 前田日明/オーラの泉 [オーラの泉レビュー@テレビ朝日オーラの泉を振り返る]
オーラの泉レビュー@オーラの泉を振り返る、へようこそ 今週は前田日明さんです。もーーーー!超カリスマ!。わたしの青春のカリスマみたいな存在です! オープニング【前田日明・スピリチュアル・チェック】◇1.小さい頃どんな子供でしたか?   →... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 10時12分

» プレイステーション3プレゼント情報 アッコにおまかせ [おいしいカレーよりおいしい情報]
プレイステーションプレゼント情報です。急いでください^^ [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 22時40分

« クレセント・アカデミー、発進! | トップページ | 久々の筋肉痛 »