« 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月22日 »

2007年1月21日 (日)

これがSUWAの生きる道

 今年最初の方舟武道館は、SUWAの、ノアマット最終試合。

 闘龍門JAPAN、DRAGON GATEを経て、フリーの道を選んだSUWA。

 その直後から上がり始めた、ノアのリング。

 常に、ヒールとしての生き方を貫きつつ、

 その一方では、「レッツ地デジ」と書かれたタオルなどをまとって入場するなど、

 「地デジ推進委員」と言える貢献を果たしてきました。

 このまま、ノアのリングを中心に活躍し続ける道があったにも関わらず、

 あえて、プロレスラー生活10周年を迎える前に引退を宣言。

 常に、安定することを良しとしない、SUWAの生き様は、

 ノアマット最終試合でも、見事に表現されました。

 ノアのリングでの最後の思い出づくりとして、ノアが提供したカードは、

 「高山善廣、鈴木みのる、SUWAvs力皇猛、丸藤正道、KENTA」

 全9試合中、8試合目、セミファイナルにラインアップされました。

 試合終盤、みのるがKENTAをゴッチ式パイルドライバーで捕らえ、フォールの体勢に。

 ここで、何とSUWAがみのるにブルーボックスで一撃!

 こんなことをしなくても、おとなしくしていたら、そのまま試合終了になって勝ち名乗りを受けることができたかもしれんのに、

 いかにもSUWAらしい。

 SUWAはさらに、高山にもブルーボックスで一撃。

 これで5人全員を敵に回してしまったSUWA。

 案の定、5人から攻撃にあい、

 最後は、ノアマット参戦当初からの宿敵・KENTAに仕留められた。

 試合後、しばし、ノアマットの感触を確かめてから、花道を引き揚げるSUWA。

 花道の奥で、深々と一礼。

 この試合の解説・秋山準曰く、「SUWAはリングの外ではとても律儀」

 その言葉通りの一礼でした。

 プロレスは、生き様のスポーツ。

 今日のSUWAは、最初から最後まで、

 見事に、生き様を表現していた。

 そして、最後にSUWAに攻撃を加えた5人、その1つ1つの攻撃には、愛があった。

 SUWAの引退試合は、5月だけど、

 それまでに、クレイジーマックスの同志だったCIMAやフジイさんとタッグを組むか、対決するか、

 そんな試合があったらいいな。

 そして、2011年、地デジに完全移行された後、

 ひょっこり、SUWAがリングに帰ってくることがあったらいいな、

 なんていう夢を抱きつつ、

 ひとまず、SUWA選手、これまでお疲れさまでした。


 本日のRUN:20km
 1月の走行距離累計:120km

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月22日 »