2006年5月12日 (金)

トラウマ1つ克服!?

 今日、およそ12年ぶりに、ソフトボールをしました。
 もう二度とやるまいと心に誓い、ずっと避けてきたソフトボール。
 実は、幼い頃から、運動は大の苦手でした。
 なわとびと水泳が少しましなだけで、他の運動は、何をやってもダメでした。
 特に、ソフトボールのような球技や、道具を扱うスポーツは大の苦手、いわゆるチームプレーができない人だったのです。
 エラーをしたり、打ち損じてアウトになったりすると、そのたびに仲間内からボロクソに言われて、それがすごくつらかった。こんなつらい思いをするぐらいなら、やりたくない・・・、その思いがつのって、もう二度と球技はやるまい、ということになりました。
 今でこそ、フルマラソンを何度となく完走できていますが、それはあくまでも社会人になってからの話です。実は、社会人になるまでは、大の運動オンチだったのです。たまたま、マラソンだけは社会人になってからあるきっかけでやってみたら心から楽しむことができたというだけなんです。
 で、今日、もう二度とやるまいと誓ったソフトボールをやることになったきっかけ。それは、ある人からすごく熱心に誘われて、その熱意に負けてしまったからなんです。
 ずっと断っていたのに、何で、誘いに乗ってしまったんだろう・・・、そう思いながらも、一度約束してしまったものを破ることはできない、ということで、できるだけ過去のいやな思い出を断ち切るために、10kmほど走ってから会場入りすることにしました。
 結果的には、これが良かったみたい。昔は、大の運動オンチだったけれど、今は、少なくともマラソンだけは楽しめるようになっている。昔とは違う、という思いを体中にしみこませるには、10kmという距離はちょうどよかった。そして、10km走ったことで、いいウォーミングアップになっていた。試合前に、少しキャッチボールしたけれど、恐る恐る差し出したグラブに、何とボールが入った!もちろん、とれなかったボールの方が多かったけれど、何回かに1回は、捕ることができた。試合に入り、途中からライトの守備に入った。頼むから1球もこないでほしいと思いながら。結果、1球もライトには飛んでこなかった。あー、助かった。そして、打つ方はというと、これがまた何と、振ったバットにボールが当たった!たぶん、相手ピッチャーの温情に助けられたと思います。それでも、一応、当たりました!そして、都合2回、ホームを踏むことができました。
 内容はあまり誉められたもんではありませんが、いろんな方の温情により、一応、トラウマを1つ克服できました。感謝!

 本日のRUN:10km
 5月の走行距離累計:130km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

真央ちゃんをトリノへ出そう!

 昨日のフィギュアスケートGPファイナル、久しぶりにフィギュアをじっくり観ました。注目はやはり安藤ミキティと浅田真央ちゃん。ミキティは最初のジャンプ失敗に終わったので4回転には挑戦せず。世界中を見渡しても4回転跳べるのはミキティだけなんやから、チャレンジしてほしかったけど、最初につまづいているからしゃあないね。3回転倒で力を出し切れず、残念でした。それに対して、真央ちゃんは見事だった。6選手中の大トリ。プレッシャーがないはずはないのに、実に生き生きとしてました。終わった後の観衆からのスタンディング・オベーション、あれがすべてでした。年齢制限という、実にしょーもない理由で、今のところトリノに行けないのですが、この際、そのしょーもない理由なんか、吹き飛ばしてしまいましょう。仮に、このままトリノに行けなかったとして、トリノで誰が金メダルをとっても、しょせんは、「真央ちゃんを除いた中での1番」にすぎなくなるのです。オリンピックは、世界一を決める大会なんやから、今回1番になった真央ちゃんが出ないと始まりません。まだ、今からでも間に合います。真央ちゃんには是非ともトリノに行ってもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月12日 (火)

他人事ではない

 橋本さんの訃報から一夜明け、スポーツ紙はほとんとすべて橋本さんが一面。ワイドショーでも橋本さんのことを取り上げていた。あの元気な破壊王がなぜ?と思いつつ、脳幹出血という病気の恐ろしさが心にのしかかる。高血圧やストレスが危険因子になるらしい。ぼくも緊張すると血圧が上がる傾向にあり、ストレスをためやすい。ぼくは今32歳。来月9日で33歳になる。そう考えると、決して他人事ではない。何かこわくなってきた。今一度、健康に留意しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

さらば破壊王・橋本真也さん

 絶句しました・・・。これは何かの間違いだ、嘘であってほしい、何度もそう思いました。しかし、嘘ではありませんでした。
 プロレスラー・橋本真也さん、脳内出血で死去。享年40歳。
 確かに、肩の手術からのリハビリで試合からは遠ざかっていました。しかし、いずれは復帰してくれるものと、ずっと待っていました。リハビリが進んでいるものと思っていました。それだけに、信じられません。橋本さんの元気なイメージと、脳内出血という病名とがどうしても結びつきません。ブラウン管を通して見る橋本さんの姿は、昨年11月3日の蝶野選手レスラー生活20周年記念興行で蝶野選手に花束を渡すシーンが最後になってしまいました。
 橋本さん、あなたは40年間、まっすぐに生きてきました。何もそこまでまっすぐに生きなくても、時には要領よく立ち回ればいいのにと思うぐらい、まっすぐに生きてきました。それゆえに、知らず知らずのうちに、あなたの体にダメージとして蓄積されていってしまったのでしょうか?引退を賭けた小川戦、橋本さんは、男が一度口にした引退という言葉をかたくなに守ろうとしました。冬木さんとの闘いでは、男を見せてくれました。ZERO-ONE活動停止の時は、何もかも1人で背負いました。橋本さんのその姿に、経営者の孤独を見ました。何もかも背負い込んだことが、橋本さんの身も心もむしばんでしまったのでしょうか?今となっては、橋本さん本人にしかわかりません。
 今頃、橋本さんは、冬木さんや福田選手のところに行っているのでしょうか?これまでまっすぐに突き進んできた橋本さんですから、どうかゆっくり休んで下さい。最後まで、あなたは、プロレスラー、破壊王でした。橋本真也さんのご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

HERO’S

 10分遅れでスタートしたおかげで、ほぼ初めから観ることができた。サップとカラエフの闘い、終わってみれば、サップの順当勝ち。ところで、サップの頭って、上から見たら、むき栗みたいに見えるんですけど、どうですか?特に、頭にしわが寄ったときなんかは、むき栗そのものって感じがするんですけど。その後、ミドル級トーナメントがあったんですけど、TBS系列の放送だったせいか、なんだかK-1MAXと同じように見えてしまったなあ。同じ階級やから、メンツも似通っているし。何はともあれ、最後はKIDが締めてくれてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

淀川から福知山へ

 今秋、淀川マラソンに参加する予定でした。しかーし、別の行事と重なってしまった!そこで、やむなく、福知山マラソンに変更することにしました。淀川行きをやめて、そのまま走らんと一年を終えるのはどうにも収まりがつかんかったので、福知山を走ることにしました。11月23日、制限時間5時間。篠山に続いて、繁忙期ど真ん中でのマラソンですが、今から走り込んでおけば問題なし。このところ、太り気味で、こないだの鹿児島行きの際にはかったら74kgあったので、まずは、70kgを切ることが目標です。淀川よりも制限時間のきつい福知山を走ることで、かえって刺激になっていいかも。今日から7月、下半期のスタートです。張り切っていきましょー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

桜庭負けた・・・

 日本人最後の砦ということで期待してたんですけどねえ・・・、負けちゃいましたねえ。内容的には、アローナの完勝でしたなあ。何かがっくりと肩の力が抜けたなあ。シウバにたどり着くまでに負けてしまったか・・・。これで、興行的には非常につらくなりましたなあ。トーナメントの宿命とはいえ、これで日本人は全滅。たぶん、シウバとアローナ、そして、ミルコとヒョードルで満員にはなるんやろうけど、日本人選手のいない決勝はちとつらいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

終わりよければすべて良しタイガース

 今日はMBSで観ていた。ゲストは星野仙一SD、解説は田淵幸一さん。あの名コンビですよ。この2人の掛け合いは絶妙ですね。で、試合はというと、タイガースがいきなり3点先制!今日は楽勝かなと思いきや、どういうわけか追いつかれてしまい、延長戦へ。延長11回裏に入ろうかというところで放映時間切れとなってしまった。サンテレビだったら試合終了までやってくれるのに~と悔しがっていたら、タイガースがサヨナラ勝ちした。こうなったら、終わりよければすべて良しですね。今年のタイガース、優勝しそう。今年の秋は、どえらいことになりそうですね。楽しみにしとこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

マグニチュード岸和田

 昨日のドラゲー後楽園大会、CIMAと対戦したビッグボスMA-G-MA、1分ちょいで両者反則だったそうな。両者はあっさりと共闘。で、マグマの新しいリングネームが、マグニチュード岸和田。なんじゃこりゃ。大阪プロレスをやめた時点で、えべっさんのように、リングネームを変える羽目になるやろなと思ってましたが、なんともいえん名前やなあ。とてつもなく強そうにも見えるし、それでいてローカルな感じもするし・・・。で、岸和田は何とブラッド入り。これにて、ブラッドのコンセプトの一つ、「素顔であること」があっさりと崩れた。けっこういいかげんなコンセプトだった。今にして思うと、岸和田と大鷲が時間差交換トレードのようになりましたなあ。この2人の対決見たかったけど、惜しかったですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月22日 (水)

タイガーマスク

 婚約したらしいですね。ところで、タイガーマスクって34歳だったんですねえ。てっきり、20代かと思ってました。ぼくより年上だったんですねえ。で、お相手の女性は、最初、タイガーマスクとは知らずに付き合っていたようですね。普通、歯医者さんに覆面したまま通院するはずもないので、当然といえば当然ですけど。どうやって、タイガーマスクだと分かったんでしょうねえ。そこらへんが何か気になる。何はともあれ、おめでとうございます。これで、子供ができたら、これがホントの「タイガーマスク二世」になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧